ヴィンテージアクセサリーシリーズ【MIATA】について | ギフト専用セレクトショップ- Kaninchen -(カニンヒェン)/ヴィンテージアクセサリーと生活雑貨

2019/02/07 16:06


-Kaninchen-が送り出す ヴィンテージアクセサリーシリーズ
【MIATA】





MIATAとは、古語ドイツ語で「贈り物」という意味を持っています。
コンセプトは誰かに「贈りたくなる」アクセサリーです。

『プレゼントとして誰かに贈りたいと思えるアクセサリーってなかなか見つからないなあ…。』

そんなことを思いながら、よくプレゼントを探していました。

贈り物をするのは大好きで「この人にはこんなアクセサリーが似合うだろうなあ…」と、
その人を思い浮かべながらプレゼントをよく選んだものです。

プレゼントは特別なものですから、だからこそ素材もこだわりました。
ヴィンテージやアンティークの素材は外せない!という思いがとても強かったんです。
良いものは長く使える、長く存在できるといいますが、それを体現しているのが
ヴィンテージやアンティークの素材だと行きつきました。
50年~100年という長い時間を経ている素材は、とても不思議な風合いを持っています。

アクセサリーを作るために一風変った色を持ったグラスビーズを選んでいる瞬間は、とても楽しいひと時です。


だからと言って、何処のヴィンテージビーズでもいいのかというと、そうでもありません。

比べてみると不思議なもので、産地によってビーズの色合いには違いがありました。
国産、フランス、ドイツ、チェコ、オーストリア……
これらの産地のビーズを比べてみた時に、
『私が作りたいデザインに一番合うのはどの国のものなのだろう?』と、考えました。
その中で、ドイツ産ビーズの色合いや、風合いが私の作りたいものとマッチしていました。

また、ドイツビーズには重厚感のあるデザインビーズもあり、
ゴシック建築を思わせるようなデザインがとにかく格好良く『この素材を使いたい!』と
強く思いました。


MIATAは、どのビーズを、どの台座を使い
指輪にするのか、それともネックレスにするのかと…
一つ一つのビーズに合った仕上げを考えながらデザインを固めています。

ビーズによっては、個体差が大きく出るものもあるので
個体差も加味しつつ、デザインを考えるのはとても楽しいです。

そういった、ビーズ選びからデザインづくり、そして形になるまでの時間も
商品を手に取っていただけた方たちに伝わるといいなと思っています。

これを読んでいるあなたも、
大切な人へのプレゼントが見つからないということはありませんか?
MIATAを大切な人にプレゼントして、
更にその人との絆が深まればこれ以上に嬉しいことはありません。

どんな方へ、どんなプレゼントをしたいのか
プレゼントのご相談も承っています。

@4kaninchen4 Instagram



どうぞ、MIATAをよろしくお願いいたします。